×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

風水財布の選び方

長財布のほうが金運は上がる

風水的に見て、黄色以外に財布としていい色は、黒い財布だそうです。また、黄色や黒の財布も二つ折りでお札をおって入れるより、そのまま入れることができる長財布のほうが金運は上がるそうです。避けたほうがいい財布の色は赤だといわれています


風水的に言うならば、新しい財布を買った時は、語呂合わせで「いいご縁」(115)にちなんだ小銭を入れておくといいそうです。11500円でも1150円でも115円でも構わないのですが、次のお財布を買うまで使ってはいけないそうです。


風水では古いものより新しいものにパワーが宿る、とされています。財布の寿命も約1000日、3年間だと言われています。3年経つとパワーが落ちてしまいますので、新しい財布に買い換えて金運アップをはかるようにしましょう。


風水で言うならば、財布にお金が入るまで、多くの人の手に触れています。その触れた人の中には「厄」がついていた人もいたはずです。その厄を避けるためには、財布の中に水晶をれたり、鈴の根付けやストラップをつけるといいでしょう。


風水学で最も金運がいい財布は黄色い財布

風水学で最も金運がいい財布は黄色い財布です。黒い財布も金運アップに効果があるそうです。避けなければならないのは、赤い財布です。風水では赤い財布を台所、玄関や出入り口に置くのが最もお金が出て行くパターンである、としています。


風水で判断した時に今使っている財布が赤色や青色だったとしても、がっかりしてわざわざ買いなおさなくても大丈夫です。その財布の中に、黄色のカードや紙などを入れておくだけで、簡単に財布の金運を上げることができるのです。


風水の財布の中で最も金運が強いとされているのは外側が黒で、財布の内側の色が黄色か金色のものです。できれば形は長財布タイプが良いでしょう。黄色の財布よりもパワーは数段上だとも言われています。次に買い換えるときに試してみればいかがでしょう。


風水は現代科学で説明するならば、地磁気と人との関係である、と言われています。風水で最もポピュラーなのは、持つだけで金持ちになれるといわれる財布でしょう。その財布に入っているお金の厄よけには水晶や鈴をつけてやりましょう。


最も金運がつく最強の財布

風水では、財布は黄色がよいというのは、良く知られていることだと思います。黄色以外でも、黒の財布も金運が上がるといわれたり、出て行くお金が減るといわれます。逆に風水的に絶対避けたほうがいいのが赤い財布だといわれています。


風水で判断した時に今使っている財布が赤色や青色だったとしても、がっかりしてわざわざ買いなおさなくても大丈夫です。その財布の中に、黄色のカードや紙などを入れておくだけで、簡単に財布の金運を上げることができるのです。


風水では全体が黄色という財布の他にも、外側が黒で、財布の内側が黄色か金色という財布が、最も金運がつく最強の財布といわれています。大切なことは財布には寿命があって、3年で金運パワーが落ちるので、3年ごとに買い換えるのが良いそうです。


風水は地磁気と人間との関係である、とも言われています。従って全く根拠がないわけではないのです。最も身近な風水は財布だと思います。財布の色や形によって金運が上下するなどありえない、と思っている人も一度試してみる価値はあると思います。